永平寺での修行(2/18)

いまから二十五年ほど前のことであります。平成六年三月九日。私は、福井県にあります大本山永平寺に修行の為に上山しました。
 一般社会に入学・入社があるように、雲水達、修行僧達の永平寺安居、安居とは一定期間そこに留まり集中的に修行することでありますが、毎年、2月後半から4月前半までに上山が許されます。この時期になりますと例年百名ちょっとの新しい修行僧が永平寺にやってまいります。最近は、少子化のため、去年は60名ほどの修行僧が永平寺に安居しました。学校を卒業した寺院のお弟子さんたちがほとんどでありますが、中には仕事を辞めて出家を志すもの、寺の住職ではあるのだけれども、永平寺に安居歴がなくて定年退職を機に、修行を志す60を過ぎた人、また、華道や茶道の家元など、とてもバラエティーにとんでいます。

永平寺の雲水になるには、あらかじめ僧堂に安居する志願状、掛搭(かた)志願状を提出して許可を得なければなりません。その許可を得て、「あなたは、この日に地蔵院というところに来てください」という通知がやってまいります。この地蔵院と言うところは、永平寺のすぐ門前にあるお堂であります。この地蔵院と言うところにまずおもむき、木版を三下します。三下したらそのままずっと外で直立不動にて延々と待ち続けます。早いと一時間ぐらい遅いと二時間ぐらいでしょうか。そこで係りの者が訪ねます。「尊公は此処に何をしに来た?」と、おのおの訪ねられるわけであります。たとえば、「道元禅師さまの法を学びにまいりました」なら、的を得ているのですが、中には、的を得ない回答があり、そのような回答をすると、「帰れ」などと言って長く立たされる者、または帰ってしまうものもいます。
地蔵院の中に入ると、すぐさま座布に座り、坐禅を始めます。そして、当日の上山者が全員集まると、荷物点検が始まります。余分なものは持っていないか、修行以外の一切の持ち物は全て取り上げてしまわれます。今現在は、いらないものすべて袋や段ボールに入れ自分の師匠のところに送り返されます。また多少の現金は、各自の口座を用意して、半年が過ぎるまで永平寺のほうで管理されます。
修行に来る時は、必要最低限の現金しか持ってきてはいけないことになっているので、ほとんどの人は、小銭ぐらいが残るのですが、中には、途方もない金額を持たされる人もいるようで、あきれてしまう人もいます。
雲水は、昔ながらの装束に身をかためて、上山します。
上山スタイルというものがあり、その身支度には、上げ手巾という、黒の衣をまくし上げた着方があります。そして、足に脚絆(きゃはん)、手には手甲(てっこう)、そして、素足にわら草履。頭には、網代笠、肩には、袈裟行李(けさごうり)と後付行李(あとづけごおり)と呼ぶ2つの包みを体のおなか部分と背中の部分と、荷物を背負う形で身につけます。
そして手には、坐禅をする座布という円いクッションを持つのです。
袈裟行李にはお袈裟や、仏祖の祖録、血脈などのほかに、涅槃金という道中不意の病気やけがで死ぬことがあっても他人に迷惑がかからないようにと若干お金を入れておきます。私が上山したときは、1000円と言うことでしたが、たぶん今もおなじ金額だと思われます。修行中で亡くなった場合、その涅槃金によって葬儀をまかなうお金。禅の修行は、命をかけたものである爲、その覚悟がなければならないと。
永平寺は、れっきとした縦社会であります。修行している年数はもちろんのこと、同じ年に修行僧が100人いれば、一分一秒でも早く上山したものが、優位になることが事実であります。18才の青年でも、年上の人を指導することは、珍しいことではありません。
地蔵院で、全ての持ち物を、点検し、なかったものは、そこで揃えます。中には持参してこれなかったもの、間に合わないものもありますから、その場合は、各お寺の師匠さんに請求は回ってまいります。
私が上山した時も、とても寒い日で、雪が降る日でした。そのとき出されたしょうが湯はとても体が温まるものであり、今でも忘れることが出来ません。
翌日朝、食事を取ってから、永平寺の山門に向かいます。この山門にも、木版、木の板があり、同じように3回たたきます。私のときは、同日の上山者が10人おりました。
 しかし、すぐに取り次ぐものが、でてくることはありません。2月から3月後半までは、北陸はまだまだ寒い時期であります。1時間、2時間するとだいたい修行僧を迎えにくる僧侶が出てきます。そして、山門にて仏殿に対してお拝3回します。
この山門をくぐることは、入ってくる時、または、下山をするときだけ通ることが許されます。普段は、一般の参拝者の方も見たりすることは出来ますが、柵があって通り抜けることは出来ないようになっています。
生涯、普通は2回だけくぐることが出来るのですが、中には変わった方もいらしまして、もう一度修行がしたくて、再度訪れる方も非常にまれですが、いらっしゃいます。
山門でわらじを脱いだ修行僧は、足を雑巾で拭き、修行に入る前の部屋に案内されます。全ての荷物を綺麗に整えこれと相対して正座をします。心を整えて、また待つのでありますが、また数時間待たされる。
永平寺の修行生活は今までとは違うことを知ってもらう為、また、修行生活に耐え抜くだけのしっかりとした心構えがあるかどうかをここで確かめる為でもあります。そして、修行僧の担当の僧侶が、永平寺の入門、掛搭について、真意を問うのです。
そんな問答が続いた後に、「ご開山拝登ならびに免掛搭よろしゅう」と言って修行の許しを請うのである。まず最初の試練は、1週間立て続けの坐禅であります。
この続きは、また次回と致しましょう。


上記の法話は、実際より話した法話より省略して掲載しています。

2019年02月18日